News

Release
2021.03.22

MYCITYが東京都の「施設系混雑ワーキンググループ」に係る協力事業者に選定

MYCITYは昨年、東京都の「データ利活用実証プロジェクト(官民連携DPFコア事業実証プロジェクト)」を完了し成果を報告いたしました。その後の施設系混雑ワーキンググループにおける活動等を受け、この度「施設系混雑ワーキンググループ」に係る協力事業者 に選定されました。オフィスにおける三密の回避やNew Normalにおける働き方の模索に向け、東京都や他の企業とも連携し今後も取り組みを進めてまいります。

以下、東京都 戦略政策情報推進本部ニュースからの引用になります。

***

東京都では、官民連携データプラットフォーム(以下「DPF」という。)の構築に向け、DPF運営に向けた準備会(以下「準備会」という。)を立ち上げ、準備会の下に施設系混雑ワーキンググループを設置し店舗等の疎密データ等について、データ利活用に向けたニーズ・課題や、データ形式などの標準化、運用ルール作りなどの議論を行ってまいりました。

上記を踏まえ、公益性に資する取組に賛同いただける企業を公募し、混雑データ保有企業と情報配信企業計4社との連携協定による活動の結果、株式会社ロコガイドとエヌ・ティ・ティレゾナント株式会社による第1号事例をサービスリリースし、1stステップの目的を達成しました。

今般、三密回避に加え発展的な混雑情報の利活用を目指し、混雑データとそれ以外を掛け合わせて、新たな価値創出に挑戦し「ポストコロナ」時代にも資する先駆的な取組を遂行する事業者が(以下「協力事業者」という。)決定しましたので、お知らせいたします。

【協力事業者の決定について】

1.協力事業者 (50音順)

株式会社unerry(東京都千代田区)
エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社(東京都港区)
株式会社バカン(東京都千代田区)
株式会社MYCITY(東京都千代田区)
株式会社ロコガイド(東京都港区)

2.協定期間

令和3年4月1日(木曜日)から令和4年3月31日(木曜日)まで

***

参考:東京都 戦略政策情報推進本部ニュース

参考:MYCITYが東京都の「データ利活用実証プロジェクト(官民連携DPFコア事業実証プロジェクト)」を完了し成果を報告

LET’S CREATE THE FUTURE OF CITIES TOGETHER !
CLICK HERE FOR CAREER AND WORK.